デュタステリドとは!効果・副作用・フィナステリドとの違いを解説

2021.02.24 更新
関連タグ:

世の中には様々なAGA治療薬が溢れています。

ミノキシジルやプロペシアなど…。

今回は2015年に承認されたばかりの比較的新しいデュタステリドというAGA治療薬を紹介していきます。

デュタステリドの効果や副作用、入手方法、注意すべき点などを徹底解説していきます。

— 目次 —

デュタステリドとは

  • 比較的新しいAGA治療薬
  • もともとは前立腺肥大症の治療薬だった
  • デュタステリドは数あるAGA治療薬のひとつです。

    ザガーロという名前で処方されています。

    2015年に男性型脱毛症治療薬として厚生労働省に承認された比較的新しい治療薬です。

    もともとは前立腺肥大症の治療に使用されていた薬ですが、日本や韓国ではAGAの治療に使用されています。

    デュタステリドはAGA治療に効果はあるの?

  • デュタステリドは薄毛の根源5αリダクターゼを阻害し、AGAを改善する
  • 初期脱毛が起こることがある
  • 個人差はあるが、おおよそ半年間で効果が実感出来るようになる
  • 作用や効果について

    デュタステリドは日本において、男性に起きるAGAの治療薬として承認されています。

    この治療薬には、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼという酵素の働きを阻害する作用があります。

    男性ホルモンのひとつテストステロンは、筋肉増強など男らしい体つきにする作用のあるホルモンです。

    生殖機能の向上や精神状態の安定など、健康維持に欠かせないホルモンです。

    テストステロンは良い効能が多いので、善玉男性ホルモンとも言われています。

    しかし5αリダクターゼという酵素の作用によりテストステロンはジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換されます。

    ジヒドロテストステロンは間接的に抜け毛を促進する悪玉の男性ホルモンで、AGAの根源であるといえます。

    デュタステリドを服用することによって、ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きを阻害し、AGA進行を食い止めることができます。

    はげの原因に関する記事はこちら

    デュタステリド服用時の初期脱毛について

    初期脱毛とは

    初期脱毛とは、毛母細胞が休止期に入り活動しなくなっていた状態から活動を再開しはじめ、発毛と同時に古くなった髪が抜け落ちる現象のことです。

    初期脱毛は内服を始めてから約2週間~1か月後に起こり、2~3ヵ月程度続いた後に症状が落ち着くことが多いです。

    毛母細胞の動きが活発化する

    デュタステリドを服用すると、ヘアサイクルが正常化し毛母細胞の動きが活発化するため初期脱毛が起きます。

    ただし、初期脱毛の現れ方は人それぞれで、全く初期症状が起こらない場合もあります。

    全く初期脱毛が起こらなかったとしても、薬の効き目がないというわけではないので安心して治療を継続しましょう。

    AGA治療をするために治療薬を飲んでいるのに、予期せぬ抜け毛が増えたら驚くかもしれません。

    しかし初期脱毛が起きている状態は、それだけ毛母細胞の動きが活発化している証拠です。

    数か月後には抜けた分だけ、太くしっかりとした丈夫な髪の毛が生えてきます。

    どれくらいの期間で効果が現れるの?

    通常、デュタステリドを飲み始めてから効果が見られるまでにおおよそ6ヶ月はかかります。

    ただし、効果が出るのには個人差があり、3か月で効果が実感できる場合もあれば1年ほどでようやく効果が実感できるという事例もあります。

    デュタステリドには副作用がある?

  • 男性機能に関わる副作用が出ることが稀にある
  • 女性や未成年、肝機能障害のある方は使用できない
  • デュタステリド服用中は献血ができないことも注意
  • デュタステリドの副作用について

    出回っている多くのAGA治療薬と同様に、デュタステリドにも副作用があります。

    肝機能障害や、勃起不全、性欲減退、乳房障害、精液量減少などが挙げられます。

    似た薬のフィナステリドにも同じような副作用がありますが、副作用の頻度はフィナステリドよりも僅かに高いと言われています。

    これらの副作用には男性機能に関わるものがあるので、妊活中は一時的に服用を中止される方もいます。

    ただし、デュタステリドに限らずAGA治療薬の多くは継続的に服用することでAGAの治療に繋がるため、服用を中止している期間が長いとAGA治療に支障をきたす可能性があります。

    AGA治療を円滑に行うためにも、治療薬を服用しない期間は医師に相談の上、最小限にとどめましょう。

    AGA治療薬の効果・副作用に関する記事はこちら

    デュタステリドを使用してはいけない人

    デュタステリドは誰しもが使用できるわけではなく、服用できない人もいることに注意が必要です。

  • 女性
  • 肝機能障害のある人
  • 未成年
  • 女性

    デュタステリドは、女性への使用は認められていません。

    そもそもデュタステリドは女性の薄毛対策に効果がないことが分かっています。

    とくに妊娠中の女性が服用してしまうと胎児の発育に甚大な影響を及ぼすため、妊娠中の女性は絶対に服用しないように注意してください。

    また、デュタステリドの成分は皮膚からも吸収されるので、破損したデュタステリドのカプセルを触ることも危険です。

    肝機能障害のある人

    デュタステリドは肝臓で代謝されるので、肝機能障害のある方もデュタステリドを服用することはできません。

    服用したデュタステリドが十分に代謝されないために、血中のデュタステリドの濃度が上がりすぎてしまいます。

    濃度が上がり過ぎることによって重度の副作用が表れたり、肝臓自体に悪影響を及ぼします。

    肝機能障害のある方は服用を控えましょう。

    未成年

    20歳に満たない未成年に対する臨床試験が行われておらず、安全性が確率されていないために未成年の方もデュタステリドを使用することができません。

    デュタステリド服用中の注意点

    服用中・服用後しばらくは献血が出来ない

    デュタステリドを服用している方は、血液中にデュタステリドの成分が溶け込んでいます。

    先述した通り、デュタステリドの成分は妊娠の可能性のある女性や妊婦さん、未成年、肝機能障害のある方に悪影響を及ぼします。

    そのため、デュタステリドを服用中の方は献血ができません。

    ただし、半年間、デュタステリドを服用しない休薬期間があれば献血を行うことができます。

    耐性がついてしまう可能性は?

    デュタステリドを長期間服用しても耐性はつかないということが分かっています。

    デュタステリドは、最低でも半年間は継続する必要があるため、身体がデュタステリドに対する耐性を獲得してしまうと言われることも多いですが、デュタステリドの長期間の使用で耐性がつくという医学的根拠は今のところありません。

    短期間で使用を中止してしまうと、それこそ表れるはずの効果が出なくなってしまうので、やはり継続して飲み続ける必要があります。

    デュタステリドとフィナステリドの違いとは?

  • 阻害する5αリダクターゼの種類が違う
  • デュタステリドの方が一般的にAGA治療に効果があると言われている
  • 副作用も僅かにデュタステリドの方が出やすい
  • 阻害する5αリダクターゼが違う

    デュタステリドはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼの両方を阻害するのに対し、フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼのみを阻害しています。

    これらの違いは非常に大きく、効果、副作用、用法にも影響を与えます。

    デュタステリドの方が効果が優れている

    上記で紹介したように、デュタステリドは二つの5αリダクターゼを阻害するのに対しフィナステリドは一つのみ阻害します。

    このため、二つの5αリダクターゼを阻害するデュタステリドの方が、効果が優れていると言われています。

    また、デュタステリドとフィナステリドを服用した際の血清ジヒドロテストステロン値を調べると、フィナステリドは約70%、デュタステリドは約90%減少していることが研究によって分かっています。

    つまり、デュタステリドの方がAGA対策に効果があるということがわかります。

    出典:坪井良治 日薬理誌 男性型脱毛症治療の現状と今後の展望

    副作用の差

    AGA対策に、より効果的なデュタステリドですが、その分副作用もデュタステリドの方がわずかに発生する頻度が高いと言われています。

    発生頻度が1%以上で報告されているのは射精障害や性欲減退などの性機能不全、1%未満で報告されているのは発疹や頭痛、乳房の痛みなどです。

    併用できない

    デュタステリドとフィナステリドは併用することができません。

    先述した通り、両者とも似たような働きをするため、併用すると同じ治療薬を増量して飲むのと同じようなことになり、副作用が強く現れる可能性が高いので危険です。

    デュタステリドの購入方法

  • AGA治療クリニックで処方してもらう
  • 通販で販売しているものは多くが個人輸入品で、リスクが伴う
  • 安全にデュタステリドを手に入れるにはAGA治療クリニック
  • デュタステリドは処方箋医薬品であり、購入するには医師の処方箋が必要となります。

    そのためにデュタステリドを購入するにはAGA治療のクリニックに行き、医師の診断を受ける必要があります。

    通販で売っているものもありますが、偽物だったり、有効成分の含有量が大幅に違ったりすることがあります。

    また、通販で販売されているものは海外からの個人輸入品のものがほとんどで、日本で未承認であることが多いです。

    海外から個人輸入するものは日本で承認を受けていない偽物であったり、粗悪品だったりすることもあるので通販で購入することは便利ではありますが、その分大きなリスクを伴います。

    安全に購入するにはAGA治療のクリニックに行くことが確実といえるでしょう。

    AGA治療薬が欲しい方はクリニックへ!

  • AGA治療専門クリニックは、一人ひとりにあった最適な治療薬を提供
  • 副作用が出ても対応してくれるから安心
  • 治療薬が個人輸入品とは違い安全性が高い
  • 今回はデュタステリドについて紹介しました。

    デュタステリドは継続して服用することでAGAの進行を抑制し、改善につながる効果が期待できるものです。

    しかし、上記で説明したようにデュタステリドに限らずAGA治療薬の多くには、副作用が表れるリスクがあります。

    また、人それぞれその薬に合うかどうかの相性も重要で、全く治療薬の効果を感じられない人がいることも事実です。

    AGA治療専門クリニックでは、一人ひとりにあった最適な治療薬を見つけ、たとえ副作用が出たとしてもしっかりと対応してくれるところがメリットです。

    この薬が合わなかったらこの薬はどうか、などあらゆる手段を使い、AGA治療に尽力してくれます。

    また、個人輸入などで手に入れるAGA治療薬とは違い、AGA治療専門クリニックで処方されるAGA治療薬は正規品であるため安全性が非常に高く、医師の診察を受けたうえで服用するので副作用のリスクそのものが低いのもメリットのひとつです。

    AGA治療薬が欲しいという場合は、多少値が張るものの通販などで購入せずにクリニックで処方してもらう方が、結果的には後悔せずに済む可能性が高いでしょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    今回は2015年に承認されたばかりの比較的新しいAGA治療薬デュタステリドについて紹介しました。

    似た治療薬のフィナステリドよりもAGA治療に効果がある一方で、副作用も稀に起こることが分かりました。

    AGA治療専門クリニックなら副作用の症状が出ても対応してくれる上、一人ひとりにあったAGAの治療方法を確立してくれるので本気でAGAを治療したいと考えている方は、AGA治療の専門クリニックに行くことが最善で最短の道なのではないでしょうか。

    ↓↓無料カウンセリングはこちら↓↓
    お問い合わせ
    ↓無料でカウンセラーに相談↓

    この記事に関連する記事