【クリニック監修】AGA に効果的なプロペシア|効果や副作用について解説!

2019.07.12 更新
関連タグ:

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬として、パイオニア的な位置づけにある治療薬です。では、プロペシアにはどのような効果が期待されているのでしょう。また、プロペシアには副作用の心配はないのでしょうか。
今回はプロペシアの効果や副作用、プロペシアの入手法などについて解説するとともに、プロペシアやそのジェネリックを処方してくれる新宿メディカルクリニックについても触れたいと思います。

— 目次 —

驚くべきプロペシアの効果について


プロペシアは男性型脱毛症(AGA:Androgenetic Alopecia)の治療薬としてよく知られていますが、プロペシアにはどのような効果が期待されているのでしょう。

プロペシアの効果その1・抜け毛を予防

プロペシアには抜け毛を予防する効果が期待されています。プロペシアの効果について知るためには、そもそもなぜAGAを発症するのか理解しておく必要があります。
AGAを発症する原因として、5α-リダクターゼの活発度合と、アンドロゲンレセプターの感受性があげられています。5α-リダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンが、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化する際に、触媒としての役割を果たします。
ジヒドロテストステロンは男性ホルモン受容器であるアンドロゲンレセプターに結合し、抜け毛の原因となる有害なサイトカインである「TGF-β」を産生します。
TGF-βは退行期誘発因子とも呼ばれており、髪の毛の健全な成長を妨げ、髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちさせてしまうのです。
つまり、遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働く人の場合、AGAを発症するリスクが高くなるのです。ただし、ジヒドロテストステロンが産生されても、アンドロゲンレセプターの感受性が低ければ、TGF-βは産生されません。
遺伝的にアンドロゲンレセプターの感受性が高い場合、AGAを発症するリスクが高くなるのです。ちなみに、アンドロゲンレセプターの感受性は母型の遺伝子に影響されるということです。
プロペシアに含まれる成分には、5α-リダクターゼの働きを阻害する成分が含まれています。そのため、ジヒドロテストステロンの産生を抑制し、抜け毛の予防効果が期待できるのです。
5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があり、プロペシアには2型の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。2型の5α-リダクターゼは頭頂部や前頭部に多く分布しているので、プロペシアの服用によって、O字ハゲやM字ハゲの予防効果が期待できます。

プロペシアの効果その2・発毛を促進

プロペシアには抜け毛を予防する効果がありますが、抜け毛を予防する=発毛効果があるという訳ではありません。では、プロペシアには発毛促進効果はないのでしょうか。
ちょっとややこしい言い方になりますが、プロペシアを服用することで「本来であれば生えていたであろう頭髪の状態」に近づけることが可能となります。
プロペシアを1年間服用した人には58%の改善効果が認められ、2年間服用した人には68%、3年間服用した人には78%の改善効果が認められたということです。つまり、プロペシアにも発毛促進効果が期待できるという訳です。

POINT

✔︎DHTの増加により抜け毛が増える

✔︎5αリダクターゼを阻害することでAGAの進行を止められる

✔︎プロペシアで抜け毛を防ぎ、本来の毛髪量に近づけることが可能

プロペシアの成分について


プロペシアには有効成分としてフィナステリドが配合されています。フィナステリドは厚生労働省によって「発毛効果がある」と認められている成分です。フィナステリド以外に発毛効果が認められている成分は、デュタステリドとミノキシジルの2つだけです。
フィナステリドはもともと男性に見られる前立腺肥大の治療薬として用いられていました。ところが、フィナステリドを用いて前立腺肥大の治療をおこなっている人に発毛効果が見られたため、低用量のフィナステリド錠であるプロペシアが開発されることとなったのです。
プロペシアはすでに国内での特許期間を終えているため、さまざまな製薬会社から後発医薬品(ジェネリック)が販売されています。そのため、先発医薬品やその他のAGA治療薬に比べて、やや安価に処方されています。

POINT

✔︎フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬

✔︎副作用として発毛効果が発見されたので、プロペシアが開発された

✔︎ジェネリック医薬品は比較的安価

プロペシアって副作用はあるの?

プロペシアを服用すると、抜け毛を予防して本来の頭髪状態に戻すことが期待できるということですが、プロペシアには副作用のリスクはないのでしょうか。

男性機能の低下

プロペシアの国内販売元であるMSD株式会社の臨床試験によると、276例中3例(1.1%)にリビドー(性欲)の減少が見られ、2例(0.7%)に勃起機能不全がみられたということです。
さらにMSD株式会社は使用成績調査もおこなっています。それによるとプロペシアを服用した943例のうち、2例(0.2%)にリビドーの減少が見られたということです。

肝機能障害のリスク 

MSD株式会社による使用成績調査の結果、プロペシアを服用した943例のうち2例(0.2%)に肝機能障害が見られたということです。ただし、国内での発症例は報告されていないということです。
ちなみに、およそ化学的に製造された医薬品であれば、多かれ少なかれ肝臓にダメージを与えます。なぜなら、肝臓が人体における解毒機関だからです。
プロペシアだけでなく他の薬(頭痛薬や痛み止めなど)を服用していればそれだけ肝機能障害のリスクは高まりますし、アルコールを摂取していれば、やはり肝機能障害のリスクが高くなります。

POINT

✔︎副作用が起こる確率は低い

✔︎男性機能障害が起こる可能性がある

✔︎医薬品は肝臓に負担がかかる

プロペシアの入手法を紹介


ここまでの説明で、プロペシアの効果や副作用についてはご理解頂けたことと思います。ではプロペシアはどこで入手することができるのでしょう。

AGA治療専門クリニックで処方してもらう

プロペシアの入手法としては、AGA治療専門クリニックで処方してもらうというのが一般的です。プロペシアは医療用医薬品であるため、原則として医師に処方してもらう必要があります
プロペシアにはそれほど発症率が高くないとはいえ副作用のリスクがあります。そのため、医師の指導下で服用することが重要となるのです。
AGA治療専門クリニックでは定期的に血液検査をおこない、肝臓の数値に異常が現れていないかなどをチェックしています。そのため、安心してプロペシアを服用することができるのです。

通信販売で購入する

プロペシアは通信販売で購入することも可能です。海外製の安価なジェネリックを、個人輸入代理店などを通じて購入すれば、大幅に薬価を抑えることができます。
ただし、海外製のジェネリックには粗悪品も多く、トラブルの元となっています。また個人でプロペシアを服用した場合、副作用が起こったときに自己責任となってしまいます。
特に肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、肝機能に異常が生じていても、自覚症状がほとんどありません。自覚症状の現れた頃には肝機能障害がかなり進んでいたというケースも少なくありません。
AGA治療専門クリニックの治療費には、安心料も含まれていると考え、やはりAGA治療専門クリニックで処方してもらうのがベストだと言えます。特に新宿メディカルクリニックでは30日間の全額返金保証を設けているので、安心して治療に臨むことが可能です。

↓↓無料カウンセリングはこちら↓↓

まとめ


プロペシアはAGA治療の基本薬とも言える治療薬であり、多くのAGA治療専門クリニックで処方されています。副作用のリスクもそれほど高くないので、安心して服用することが可能です。
とは言うものの、肝機能障害のリスクが全くない訳ではないので、原則としてAGA治療専門クリニックで処方してもらいましょう。
新宿メディカルクリニックでは発毛効果が見られない場合、30日間の全額返金保証を設けています。薄毛が気になる人は無料カウンセリングにてご相談をお待ちしております。

お問い合わせ
↓無料でカウンセラーに相談↓

この記事に関連する記事